全身脱毛安全の為の当日ケア

全身脱毛安全の為の当日ケア

全身脱毛に通っている間は保湿や紫外線対策を行うことが求められますが、脱毛の施術を行う当日にも気をつけなければならないことがあります。
サロンでの契約時や事前のカウンセリングの際に説明を受けるので、安全に脱毛するためにもしっかり聞いておきましょう。

 

まず、ほとんどのサロンでは、生理時期に脱毛の施術を受けられません。
これは、女性ホルモンの影響で、生理時期の肌は敏感になっている場合が多く、少しの刺激でも肌トラブルを起こしやすいという理由からです。
また、肌が敏感になっているので、施術による痛みが出やすくなっているという点も理由の一つです。
しかし、サロンの中には、直接的に脱毛ができないVIO脱毛などデリケートゾーン以外の部位の脱毛なら施術できるというところもあり、サロンによってその規定は異なります。
生理時期の脱毛が、直ちに副作用が出るわけではなく、肌トラブルを起こしやすくなるということです。
できるだけ安全に脱毛を行うためにサロンとしても生理時期の脱毛をしていないということなのですが、生理時期の脱毛が可能なサロンであっても、より安全な脱毛を行うために、生理時期と施術の予約が重なってしまった場合には、予約をキャンセルして生理が終わってから予約を取り直す方が賢明です。
痛みの感じ方には個人差があるので、特に痛みに弱いという人は、出血がなくなってから施術を受けるのをおすすめします。

 

生理時期以外にも脱毛を避けた方がいい場合があります。
ステロイドを塗っている間や服用している期間中は、脱毛の施術を受けられません。
ステロイド使用中には、免疫力が低下して感染しやすくなっていたり、傷の回復が遅くなる可能性が高まるので、ステロイドを使用する場合にはその期間中の予約はキャンセルしましょう。
予防接種を受けた場合にも同様です。
その他の薬を服用している場合には、薬の種類や量によって、どの程度の期間を開ければ施術ができるのか変わってきますから、主治医に脱毛を受けていいのかどうかの許可を得てから施術を受けると安全です。

 

脱毛の施術を受ける前日には、むだ毛の処理をしておく必要があります。
むだ毛が伸びたまま施術を受けるとやけどの危険性があるため、施術をうけることができません。
施術前にむだ毛処理の確認をするのが大切なのですが、自宅での処理を忘れてしまった場合にはサロンでもしてもらえます。
ただし、サロンでむだ毛処理をしてもらうと追加料金がかかる場合もあるので、自宅での処理を済ませておいた方がいいでしょう。
自宅でのむだ毛処理には、カミソリよりもシェーバーなどの肌に負担の少ないものを使います。
肌を傷つけずにむだ毛処理をしておくことが、安全に脱毛施術を受けることにもつながります。
また、脱毛施術を受けた日は毛穴にダメージがありますから、激しい運動や入浴は避けた方が無難です。
肌がほてっているのにさらに体温を上げてしまうと、脱毛部位に痛みやかゆみなどのトラブルを招くおそれがあります。